美容ゼミナール

脱毛から美肌コスメ・育乳まで女性の美について応援します♪

ケノン

脱毛器ケノンとエステサロンとの比較

投稿日:

家庭用脱毛器でVIO脱毛を行うメリット

エステサロンではワックス脱毛フラッシュ脱毛などが主に使われてます。

フラッシュ脱毛はレーザー脱毛と同じような原理で、ムダ毛の毛根部や周辺組織に照射して発毛機能を弱めていきます。

フラッシュ脱毛で使用されているものは医療用レーザー光線よりも波長が幅広くうぶ毛などの薄い毛から濃く太い毛まで利用できます。

一方レーザー脱毛は、医療行為に当たるためエステサロンでは施術することはできません

法律によって、美容外科や皮膚科といった医療機関にしか認められてないのです。

そのため、エステサロンなどの医療機関以外でフラッシュ脱毛をする場合、出力を極力微弱に調整し、違法行為にならない程度の

弱い光で施術しなければいけません。

なかには家庭用脱毛器よりも出力が弱いエステサロンまであるようです。

エステサロンより家庭用脱毛器の方が強い光なんてことあるの?と思われる方もいるでしょう。

しかし、エステサロンは他人への施術となりますから強い出力での施術行為は違法となってしまう可能性がありますが、家庭用脱毛器

自分自身の手で脱毛するので問題ありません。

したがって、プロの施術である脱毛サロンの方が効果的というのは大きな勘違いです。

予約が取りづらく時間もお金もかかって出力レベルが極端に低い可能性のあるエステサロンと、いつでもどこででも脱毛できて出力を自分で調整できる家庭用脱毛器とを比べたら、どちらが良いかは明白です。

 

家庭用脱毛器はエステサロンより合理的?!

実際のところ、全身脱毛ならエステサロンと家庭用脱毛器でどちらがお得なのでしょうか。

結論から言えば家庭用脱毛器が優勢です。

エステサロンで全身脱毛すれば50万円以上はかかるといわれていますが、ケノンなら月々3300円(分割で購入した場合)です。

またエステサロンに付きまとう入会金や事務手数料、年会費の支払いや勧誘もありません

インターネットで申し込めば翌月には自宅に届き、スタートできます。

次に脱毛器そのものの性能を比較してみましょう。

どちらもフラッシュ式だった場合、照射面積を比べるとエステサロンの業務用機器はおおむね2×5㎝に対し、「ケノン」が2×3.5㎝と大差がありません。

しかし出力の強さでは、「ケノン」は家庭用脱毛器の中では最大級の照射出力です。

エステサロンでは医療行為が禁止されているため違法にならない程度の弱い出力(ケノンでいえばレベル2前後)で施術を行っているのかもしれません。

すると、エステサロンで効果を出すには照射回数(通う頻度)が増えることになりますからやはり「ケノン」の方が合理的なようです。

 

 

-ケノン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

家庭用脱毛器でVIO脱毛!恥ずかしさ使いまわしなしの清潔感が人気!

家庭用脱毛器で人気のVIO脱毛を実践するメリット! 水着になったときにアンダーから毛がハミ出ている、これほど恥ずかしいことはありません。 現在、エステサロンではビキニラインを指す「V」、両脚の間の「I …

no image

他の美顔器と比較したケノンの優位性

ケノンはエステサロンや他の美顔器のデメリットを解消する! 美顔機能においても「ケノン」はエステサロンや他社製品と比べてメリットが多いと感じます。 エステサロンの場合には、「行くヒマがない」「希望どおり …

no image

男性のひげ脱毛にも使える!

定期的なケアで毛周期が長くなる シェーバーでの髭剃りは刃物が肌に直接触れるため皮膚を削り、肌荒れや炎症のトラブルがつきものです。 しかも剃っても剃っても生えてくるので一生剃り続けないといけません。 ケ …