美容ゼミナール

脱毛から美肌コスメ・育乳まで女性の美について応援します♪

脱毛器

各種脱毛器をコスト、痛み、1ショット面積等の観点から徹底比較!

投稿日:

脱毛器比較

脱毛器を選択する比較ポイント

長期的コスト

安いか高いかを判断する上で重要なのは「販売価格」より維持費です。

カートリッジは消耗品で照射回数は限られており、照射レベルが低いほど長く使用できます。

ちなみに「ケノン」は1ショット約0.15円です。

 

痛みの少なさ

泣きながら毛抜きの経験をした経験のある人ならわかるように、痛みを伴う脱毛は決して長続きしません。

フラッシュ式は痛みが少ないのが特徴です。

 

1ショット面積

脱毛器によって1ショットで照射できる面積は異なり、少しでも広いものを選ぶのが重要です。

照射面積が広ければ広いほどスピーディに脱毛できます。

「ケノン」の2×3.5㎝は業界最大級です。

 

フラッシュ脱毛器VSレーザー脱毛器

1ショット照射面積

1ショットで照射できる面積を比較するとレーザー式は円型で1㎠、ケノンで7㎠です。

その差は約7倍

つまり同じ面積を照射するのに、レーザー式はフラッシュ式の7倍も時間がかかってしまいます。

また最も注目したいのは痛みです。

レーザー式は痛みが強いのが特徴です。

よくあるのは、せっかく高額な脱毛サロンを契約したのにも関わらず、レーザー式のあまりの痛さに耐えられなくて通えなくなるケースです。

一方フラッシュ式はほとんど痛みがありません

重くて痛くて一回の脱毛に時間がかかるレーザー式か、スピーディで軽くて痛くないフラッシュ式かどちらを選択するか明白でしょう。

 

フラッシュ脱毛器比較

ランニングコスト

フラッシュ脱毛器を選ぶ基準としては、目先の販売価格以上に消耗品を含めたランニングコストを念頭に置くことです。

注目したいのは1ショットあたりの単価と照射面積です。

単価が高く照射する面積が狭ければその分時間も手間もコストも相応にかかります。

面倒くさいのは嫌だという人はケノン一択でしょう。

機能の多様性

「ケノン」の実力派それだけではなく、脱毛可能な部分に「眉毛」があることと「美顔器」の機能があることです。

フラッシュ脱毛器はそもそも肌をきれいにすると言われていますが、実際にフラッシュ脱毛したあとは、毛穴がきゅっと引き締まって

肌のきめが細かくなったという声を聞きます。

「コストパフォーマンスが良い」「美顔機能」「高性能な脱毛機器」がすべてそろっているのケノンがエステいらずといわれるのがわかります。

 

-脱毛器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした